STP

STPの動作と経路障害時の状態遷移について

2018年10月15日


新たにネットワークを構築した際に、SpanningTreeProtocolがどのように動作するのかの遷移状態と、仮に経路障害が発生した際にSTP状態変化によるトラフィックの流れを解説します。

STP動作

STPでは、L2経路が円環状になることで発生するブロードキャストストームを防止するために、最終的に経路状のポートどれか一つをブロックポートにします。
下図のNW構成では以下のようにSTPが動作します。

1.ルートブリッジ(RootBridge)を決める

スイッチの起動時にセグメント内のルートブリッジを決めます。
❶ プライオリティの比較 → 値が小さい方をルートブリッジにする
↓同じ場合
❷ MACアドレスの比較 → 値が小さい方をルートブリッジにする

2.ルートポート(RootPort)を決める

❶ RBに一番近いポート
❷ルートパスコストが一番小さいポート
経路の帯域が大きいほど、コストは小さい値となります。
[ 2 ]=10Gbps、[ 4 ]=1Gbps、[ 19 ]=100Mbps、[ 100 ]=10Mbps

3.指定ポート(DesignatedPort)を決める

❶セグメント上で一番RBに近いポート
❷セグメント上にRBがあればRBのポート
❸パスコストが小さいポート
❹ブリッジIDが小さいポート

4.非指定ポート(UnDesignatedPort)を決める

❶残ったポート
ブロードキャストストームを回避するためにフレームの送受信をしない
障害時にはFowardになり送受信が可能になる

まとめると次のように決定していきます

RB

RP    – – –  非RBに一つ

DP - – –  セグメントに一つ

NDP

ケーブル障害時のSTPステータスの遷移について

正常時のステータスとトラフィック経路

SW1のGi0/2はNDPとなるためフレームを送受信しません。

SW2⇆SW3間のケーブル障害時のステータスとトラフィック経路

トラフィックがSW1を通る経路に切り替わります。

CATEGORIES & TAGS

STP,

Author:


  1. […] より大きいSW3側のGi0/2がNDPとなります。 参考:https://murci.net/archives/1345 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

むるし

インフラ系エンジニア。備忘録で色々書いていきます。
現在テックキャンプでフルコミット中。

年収訴求

CodeCamp

縛りなしWiFi

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。