Server WordPress

【WordPress】Prism.jsで行番号を表示させずに指定行をハイライトする

2020年8月16日


WordPressのプラグインを使わないシンタックスハイライターとしてPrism.jsが便利ですが、
行番号を表示させずに指定行をハイライトする場合、下画像Beforeのような見た目になります。
この状態からサーバ内prism.cssの以下箇所に修正を加えてAfterの見た目に仕上げていきます。
Prism.jsの導入方法については割愛させていただきます。

・ 行番号を非表示にする
・ 左詰めにする
・ 背景色をqiitaぽくする
・ 指定行のハイライト色を変更して見やすくする

行番号を非表示にする

css/prism.css

	.line-highlight:before,
	.line-highlight[data-end]:after {
/*
		content: attr(data-start);
		position: absolute;
		top: .4em;
		left: .6em;
		min-width: 1em;
		padding: 0 .5em;
		background-color: hsla(24, 20%, 50%,.4);
		color: hsl(24, 20%, 95%);
		font: bold 65%/1.5 sans-serif;
		text-align: center;
		vertical-align: .3em;
		border-radius: 999px;
		text-shadow: none;
		box-shadow: 0 1px white;
*/
	}

ハイライト箇所をコメントアウトします。

左詰めにする

css/prism.css

pre[data-line] {
/*
	position: relative;
	padding: 1em 0 1em 3em;
*/
}

ハイライト箇所をコメントアウトします。

背景色をqiitaぽくする

css/prism.css

:not(pre) > code[class*="language-"],
pre[class*="language-"] {
	background: #364549;
}

backgroundカラーを変更します。

指定行のハイライト色を変更する

css/prism.css

line-highlight {
	position: absolute;
	left: 0;
	right: 0;
	padding: inherit 0;
	margin-top: 1em; /* Same as .prism’s padding-top */
	background: hsla(0, 0%, 99%,.08);
	background: linear-gradient(to right, hsla(0, 0%, 99%,.1) 70%, hsla(0, 0%, 99%,0));
	pointer-events: none;

	line-height: inherit;
	white-space: pre;
}

backgroundカラーを変更します。

CATEGORIES & TAGS

Server, WordPress,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

むるし

インフラ系エンジニア。備忘録で色々書いていきます。
現在テックキャンプでフルコミット中。

年収訴求

CodeCamp

縛りなしWiFi

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。