【Excel】入力した値が選択範囲に含まれているか否かで、指定の値を表示させる関数

未分類

【Excel】入力した値が選択範囲に含まれているか否かで、指定の値を表示させる関数

2017年11月9日

表題のExcel関数について記載する。
IF関数 \ ()内の条件に一致/不一致で指定の値を表示させる
COUNTIF関数 \ 入力した値が、()内の選択範囲に合致している件数を表示させる

2つ組み合わせて、COUNTIFの合致/不一致で、指定の値を表示させる関数が以下になる。

=IF(COUNTIF(A$1:A15,A16),”有り”,”無し”)

A16に入力した値が、A1~A15に含まれていれば、B16に”有り”、含まれてなければ”無し”を表示する。

CATEGORIES & TAGS

未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

むるし

インフラ系エンジニア。備忘録で色々書いていきます。
現在テックキャンプでフルコミット中。

年収訴求

CodeCamp

縛りなしWiFi

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。