Kali Linux MacOS

MacでKaliLinuxをデュアルブートする方法

2022年3月19日


MacPCでKali Linuxをデュアルブートする方法を紹介します。BootCampはWindows専用のツールのため、他のOSをデュアルブートすることはできません。そのためハードディスク(SSD)にKali用のパーティションを作ってから、OSイメージ(iso)ファイルを焼いたDVDまたはUSBメモリを使用してインストールを行います。

  1. Kali用のパーティションを作成する
  2. USBメモリまたはDVDにKaliのOSイメージファイルを焼く
  3. 手順2で焼いたメディアからKali用のパーティションにインストールする
スペック

MacbookPro128GB
macOS : monterey
KaliLinux : kali 5.10.0-kali3-amd64

Kali用のパーティションを作成する

MacOS機能のディスクユーティリティをリカバリーモードで開いて編集する必要があります。

  1. OS再起動する
  2. OSが立ち上がる際に「Command」+「R」キーを押す
    OSがリカバリモードで起動します。
  3. ディスクユーティリティを起動する
  4. 物理Diskの「APPLE SSD」を選択して「パーティション」をクリックする

  5. 円グラフの「+」を押してKali用のボリュームをパーティションで区切る
    Kaliだと少なくとも20GB以上が推奨されているので、20GBで作成しました。フォーマットタイプはMS-DOS(fat)を選択します。
  6. Swap用のボリュームをパーティションで区切る
    メモリ逼迫時に一時的にメモリとして活用できるSwap領域も併せて作成します。未作成の場合Kaliのインストール時に警告が出ます。サイズは1GB程度でOKです。

作業が終わったら、終了し通常モードでOS再起動します。

USBメモリまたはDVDにKaliのOSイメージファイルを焼く

USBメモリの方を使用したのでその手順を記載します。

  1. WebからKaliのISOイメージをダウンロードする
  2. http://old.kali.org/kali-images/
    から「kali 5.10.0-kali3-amd64」を使いました。amd64(64bit)にする必要があります。2017年版を最初入れようとしましたが、DVDからのインストールのみ対応しているようなエラーが出たのでこちらに変更しました。

  3. ターミナルを開く
  4. コマンド実行
    $ df

    USBメモリのデバイス名「disk2」をメモしておきます

    $ diskutil umount "Volumes/<USB Name>"

    USBメモリをアンマウントします

    $ cd xxx/xxx/xxx/

    isoイメージを配置したディレクトリに移動します

    $ sudo dd if=kali-linux-<ファイル名>.iso of=/dev/r<デバイス名> bs=1m

    デバイス名は先ほどメモしたdisk2と併せて「rdisk2」となります。書き込みが開始されて、5分ほどで完了します

手順2で焼いたメディアからKali用のパーティションにインストールする

  1. OS再起動後にEFI Boot
  2. 起動してくるタイミングで「option(alt)」キーを押します。起動ディスクの選択画面が出てくるので、EFI Bootの方を選択ます。すぐにkaliのインストール画面が表示されます

  3. 「Advanced options」>「Install in graphical mode」>「Install」の順に選択する

  4. 2017年版はここでエラーが発生しUSBメモリからのInstallがNGでした。エラー「Tour instration CD-ROM counldn’t be mounted.This probably means that the CD-ROM was not in the drive」。2021年版は問題なく「Load Installer components from installation media」となります。

  5. 「Load missing firmware from removable media?」>「No」
  6. 言語,Wifi,host名,Domain名,時刻設定を行う
  7. 最初の言語選択画面でMacPCに標準でついているキーボードとトラックパッドが全く反応しないため、MacOSとkaliのバージョンを上げたり色々試しましたが解決しませんでした。外付けのキーボードとマウスを使うと操作できました。

  8. Partition disks 設定
  9. 「Manual」を選択する
  10. ここからkaliをインストールするボリューム設定を行います

  11. 物理Diskの「APPLE SSD AP012Bj」の中にある先程作成したパーティションを選択する
  12. 個別の設定画面が開きます

  13. 「Name」,「Use as」,「Mount point」を設定する
  14. Name:kali
    Use as:Ext4 journaling file system」
    パーティション作成でもう1つ作成したSwap用のパーティションはSwapにします
    Mount point:/(ルート以下のファイルシステムがここにマウントされる)
    残りの項目はデフォルトでOKです

  15. 末行の「Finish partitioning and write changes to disk」を選択する
  16. Diskに書き込みが開始されます

  17. Kaliのログイン画面が表示されるのでログインする

CATEGORIES & TAGS

Kali Linux, MacOS,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

むるし

インフラ系エンジニア。備忘録で色々書いていきます。
旅行と登山が趣味。
百名山10/100
LPIC303 Security
お問い合わせはmo-gyu@murci.netまで

年収訴求

ゴリラのメディカルダイエット

rentry

TAKIBI