VBA

【Excel】COUNTIF/IF関数を使用して、データ一覧から任意のデータがあるかどうかを判別する

2021年1月20日


複数のデータがある一覧から、任意の文字列が存在するかをCOUNTIFとIF関数を使用して判別する方法を紹介します。

今回は例として、WindowsUpdateで適用されるパッチHotfixの適用状態を確認する為に、複数のHotfixナンバー「KB~」を一覧として、調べたいHotfixナンバーが存在するかを確認します。

検索手順

  1. COUNTIF関数でデータの有無を判別する
  2. COUNTIFではデータが存在する場合(TRUE)に1、存在しない場合に(FALSE)で0をセルに出力します。
    COUNTIFのフォーマットは「 =COUNTIF(<検索するデータの範囲>,<検索ワード>) 」なので、次のような関数式になります。
    「 =COUNTIF(G43:G51,F30) 」

  3. IF関数でデータがある場合とない場合に入力する値を指定する
  4. COUNTIFの返り値は0or1なので、それぞれの場合で入力する文字を決めます。
    1(真)の場合は○、0(偽)の場合は×とします。IF関数にCOUNTIFをネストさせて最終的には以下の関数式となります。
    「 IF(=COUNTIF(G43:G51,F30),”O”,”×” 」

CATEGORIES & TAGS

VBA,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

むるし

インフラ系エンジニア。備忘録で色々書いていきます。
旅行と登山が趣味。

年収訴求

縛りなしWiFi

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。