VBA

【Excel】COUNTA関数で範囲内に存在する文字をカウントする


別シートの指定範囲にある「○」の件数をカウントする関数を作成します。

完成形

COUNTA関数は、指定範囲内に値が存在すれば、その件数をカウントする関数です。
例として、各ホストに存在する脆弱性をSeverity(重大度)ごとに集計します。
関数は下記になります。参照先「Sheet2!」の「!」はシート名の指定で直後につける定型文字です。Sheet2のC4に文字が無いため0が出力されます。

Sheet1
=COUNTA(Sheet2!$C4)

Sheet2

IF(AND関数で1件以上のホストをチェック

COUNTA関数でカウントした結果、1件以上存在したホストに「○」、0件のホストに「×」をつけます。Sheet1のG4に記述します。

=IF(AND(($D4=0),($E4=0),($F4=0)),"×","○")

IF内にIFで入れ子にしてもできますが、式が煩雑になるので、AND内に条件3つを入れます。

Sheet1

CATEGORIES & TAGS

VBA,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

むるし

インフラ系エンジニア。備忘録で色々書いていきます。
旅行と登山が趣味。LPIC303 Security

年収訴求

ゴリラのメディカルダイエット

ライザップ

ネオテクト加齢臭効果

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。