Travel シンガポール

【2019年8月】シンガポール・チャンギ空港にあるワークスペースの紹介

2019年8月30日



乗り継ぎの関係で長時間チャンギ空港に滞在しなければならない場合などに、軽いPC作業ができるようなワークスペースを紹介します。4つのターミナルを有し無駄に広いチャンギ空港ですが、意外とそういう場所は多くありません。

チャンギ空港のWiFi事情について

滞在時間が短く、現地のSIMを購入するつもりがない人は空港内のフリーWiFiを使用します。空港内では、アクセスポイントが2つ存在します。
ターミナル1からターミナル4まで接続可能な「#WiFi@Changi」と、ターミナル1から歩いてアクセスできる「Jewel」という複合施設で使用可能な「#WiFi@Jewel」です。
「#WiFi@Changi」については認証が必要なタイプで、免税エリアのいたるところに存在するフリーWiFi接続用の端末を使用してパスワードを取得します。パスポートをかざすとワンタイムパスワードが画面上に表示されて、スマホでそれを認証して接続することができます。
しかし私が試したときはワンタイム認証が何回やっても失敗して結局使えず、SIMも買うつもりがなかったので、一気にハードモードになりました。
もう一方の「#WiFi@Jewel」については、認証が不要なので問題なく使えます。

1つ目・ラウンジ「The HEAVEN」

ターミナル3のフロア1F奥にあるこのラウンジでソファーに座りながらの作業がとても快適です。高い料金(5時間4500円ほど)を払ってでも快適な空間が欲しいという方にオススメです。ラウンジ内で使用可能なフリーWiFiもあります。

また、ラウンジ利用以外に、シャワーのみの利用も可能です。(深夜料金だと1700円ほど)
一つ注意点としては、シンガポールの電源プラグが日本とは異なる点です。
プラグの穴を見て悟った私は、同じターミナルでこのラウンジに来る前にスマホ・PC関連のショップがあったことを思い出し、変換器を探しに行ってみました。E-Gadgetという店です。発見しラウンジに持ち帰って無事に変換できることを確認しました。

2つ目・カフェ

4つのターミナルに色んなカフェがあるので、どこでもいいと思います笑。
オススメはJewelフロア1階のスタバです。

3つ目・Jewel内のレストスペース

無料の空間としてはここがベストだと思います。
行き方ですが、ターミナル1からB1へエスカレータまたはエレベータで降り、案内板に沿って巨大な人工滝がある複合施設のJewelに入ります。エスカレータで2階に上がり、カフェの隣にあるこのレストスペースに到着します。
あるのはベンチのみですが、通路から遠く遮断された空間なので割と静かで捗りました。

余談:チャンギ空港近くのビジネス街にRegusというコワーキングスペースがありますが、IDが必要などの理由で断られました笑。

CATEGORIES & TAGS

Travel, シンガポール,

Author:


  1. mi より:

    わたしも、シンガポールに行ってみたいです。
    可能でしたら、飛行機を使わずに自転車で行く方法を教えて欲しいです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

むるし

インフラ系エンジニア。備忘録で色々書いていきます。
現在テックキャンプでフルコミット中。

年収訴求

CodeCamp

縛りなしWiFi

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。